ナチュラルドッグフードの無添加表記は嘘?最悪の事態になる前に

ナチュラルドッグフードは日本だけでなく、世界中で愛用されている飼い主さんが大勢います。

そんなナチュラルドッグフードが「本当は無添加じゃない?」なんて口コミが残念ながらチラホラとあるんですね^^;

そこで今回の記事では本当にナチュラルドッグフードは無添加なのかについて詳しくお話ししていきたいと思います。

 

ナチュラルドッグフードの無添加表記は嘘?

ネット上では「ナチュラルドッグフードは無添加じゃない!」といった悪評がいくつかありますが、その原因は一体何なのでしょうか。

それは

  • 匂いがきつい(臭い)
  • 1袋1袋色や匂いが違う時ある

といった理由から「無添加じゃない!」というような口コミが流れたようなんですね。

ですが実は上記の理由こそが無添加である証拠となるのです!

と言うのもナチュラルドッグフードの匂いが「臭い」と感じるのは、香料を使用せず素材そのものの自然な香りだからなんです。

市販の低品質なドッグフードは、値段通り低品質な肉を原材料としている場合がほとんどです。

 

そんな肉を使用してますから当然犬は食べてくれないでしょう。

そこで匂いをごまかすために香料を使用するのです。


(※犬は味覚よりも嗅覚でご飯を選びます)


なので良い香りがするドッグフードは香料を使用しているという事なんですね^^;

つまりナチュラルドッグフードは香料を一切使用していませんから、飼い主さんによっては「臭い」と感じる場合もあるという事です。

 

また、1袋1袋色や香りが違うのにも理由があります。

それはナチュラルドッグフードは季節ごとの厳選された食材を使用しているため、食材が採れた時期によって色や香りに違いが出てしまうようです。

そしてナチュラルドッグフードは香料の他にも着色料も不使用で、保存料はハーブなどを使用。

ようするにナチュラルドッグフードは完全に無添加で作られているんですね^^

もちろんナチュラルドッグフードの公式サイトにて更に詳しく説明がありますので、気になった方は公式サイト上部にある「よくあるご質問」から確認してみて下さい。

ナチュラルドッグフードの画像

 

無添加じゃないドッグフードを与え続けるとどうなる?

無添加のドッグフードは愛犬の健康を維持するのに役立ってくれます。

ですが「そうは言っても市販のドッグフードを与えていたって大丈夫でしょ?」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そこで愛犬に市販の低品質なドッグフードを与え続けたらいったいどうなってしまうのかお話ししましょう。

 

まず知ってもらいたいのが、市販の低品質なドッグフードには人工添加物の他にも

  1. 肉副産物
  2. 大量の小麦

といった犬にとって身体に良くない素材が使われている場合がとんどなんですね^^;

肉副産物

肉副産物とは食肉用の中でも食用に適さない捨てる部位の事を指します。

例えば内臓や頭、爪などの食べられない部位

これらをすり潰し加工したものが肉副産物呼ばれています。

これらの肉は栄養価も少なく、犬にとって決して身体に良い食材ではありません。

大量の小麦

犬も人間と同じで食物アレルギーを持っている場合があります。

実はその中に小麦粉も含まれているんですね。

ですが低品質なドッグフードは、アレルギーの可能性を理解しながら大量の小麦を使用しています。

小麦の画像

その理由は原材料費が安いからなんですね^^;

つまり小麦粉は低品質なドッグフードのかさ増し用だという事です。

 

これらの素材が含まれる低品質なドッグフードを与え続けると愛犬の身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば

  • 消化不良
  • 下痢
  • 便秘
  • 嘔吐
  • 肥満
  • アレルギー

などなど挙げればキリがない程なんですよ^^;

 

私は大切な家族である愛犬にこんな思いはさせられません!

もし愛犬の健康を願うならナチュラルドッグフードのような無添加のご飯を選んであげたいです。

関連記事

ナチュラルドッグフード 口コミ

ナチュラルドッグフード 匂い

ナチュラルドッグフードのお試しはコチラ