ナチュラルドッグフードで下痢になる?愛犬の苦しむ姿は見たくない!

アランズのナチュラルドッグフードはイギリスで作られ、欧州ペットフード協会の定める厳しい基準をクリアして製造された無添加の「プレミアムフード」です。

そんな高品質なナチュラルドッグフードを愛犬に与えたら「下痢になった^^;」といった口コミがありました!

「無添加で体に良いはずのナチュラルドッグフードで何故?」と疑問に思ってしまいますよね^^;

そこでこの記事では、ナチュラルドッグフードを与えると下痢になってしまう原因をご説明してきたいと思います。

 

愛犬が下痢になる原因とは?

犬の画像

愛犬が急に下痢気味になると、病気またはドッグフードの品質を疑ってしまいがちです。

ですが実は愛犬が下痢になってしまうのは「病気やナチュラルドッグフードのせいではなく別にあった」んですね。

その原因と言うのが

  • ドッグフードの急な切り替えで胃腸が驚いた
  • 早食いをする
  • 保管状態が悪くフードが劣化していた

といった事が考えられるんですね。

では上記の愛犬が下痢になってしまう原因を詳しくお話ししていきましょう。

 

ドッグフードの急な切り替えで胃腸が驚いた

何度も愛犬のドッグフードを切り替えた事がある方ならご存知の方も多いと思いますが、実は犬は急に与えるご飯を切り替えると

  1. 嘔吐
  2. 下痢
  3. 軟便

といった症状があらわれる可能性があるんですね。

それは何故かと言うと、愛犬の身体は今まで食べてきたドッグフードに慣れていたため急に違う成分のナチュラルドッグフードを食べると胃腸が受け付けない場合があるんです。

(そうでない犬もいます。)

なので愛犬の体調の事を考えフードの切り替えは慎重に行いましょう。

 

まず最初は以前与えていたドッグフードを多めに、ナチュラルドッグフードを少なめに与えていきます。

そしてだんだんと「以前のフードは少なくナチュラルドッグフードは多く」といった感じで、徐々に比率を逆転させましょう。

だいたい5日~7日くらいかけて切り替えましょう^^

こうすることで愛犬が下痢になりにくくなります^^

 

愛犬が早食いをする

ナチュラルドッグフードは生ラム肉を55%も含有した美味しさ満点のドッグフード

その美味しさに愛犬は、ついつい早食いしてしまうかもしれません。

ですが実はその早食いが原因で下痢になってしまう可能性があるんですね^^;

 

もともとあまり噛まずに丸呑みしてしまう犬が早食いをしてしまうと、更に噛まなくなってしまうため消化不良の原因になります。

それが愛犬の下痢に繋がってしまうんですね。

もちろんすべての犬が早食いで下痢になる訳ではありませんが、どちらにしても早食いは身体に良くありません。

もし愛犬がナチュラルドッグフードで早食いをしてしまうようでしたら、早食い防止の皿などがペットショップで購入出来ます。

早食い防止皿

活用してみてはいかがでしょうか^^

 

保管状態が悪くフードが劣化していた

生き物なら当然だと思いますが、悪くなっている食べ物を食べたらお腹を壊してしまいますよね^^;

犬も当然同じで、ご飯が劣化しているとお腹を壊してしまう可能性が高いのです。

でも「どこで保管したらいいか分からない^^;」

 

なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は

  • 直射日光を避ける
  • 高温多湿を避ける
  • 風通しが良い

等の条件がそろった冷暗所がおすすめです。

例えば

  1. クローゼット
  2. 地下収納スペース
  3. キッチン下

などなどです。

こういった場所に保管していれば、1袋食べきるまでしっかりとナチュラルドッグフードの鮮度を保つ事が出来ますよ^^

 

愛犬が下痢になる理由まとめ

以上が愛犬が下痢になってしまう理由でした。

どんなに健康的なドッグフードでも急な切り替えや早食い・管理方法によっては下痢になってしまうんですね。

もちろんナチュラルドッグフードも同様です。

 

これからも大切な愛犬が下痢になって苦しまないよう気を付けてご飯を与えたいですね^^

関連記事

ナチュラルドッグフード 口コミ